1. 無料アクセス解析
ないちょの雑記帳・改
右へ左へそして斜め上、日々思想は駆け巡る。
民主党代表選挙戦盛りではありますが・・・・・。
民主党代表選挙でいろいろゴタゴタしている昨今ですが、民主党代表戦についてマスコミが全く報じない問題点がある。

それは、代表戦には外国人も投票できるということである。
つまりは外国人が総理大臣を選ぶ権利を与えられているといいうことである。
[民主党代表選挙戦盛りではありますが・・・・・。]の続きを読む
スポンサーサイト
国家は謝罪せず。
管政権の”お詫び談話”のあと、中朝韓の謝罪要求が一段と増加した。
本来あの談話は、過去の歴史の反省を示し、半島国家と未来志向の関係を作る礎として出されたものはずであった。ところが、実際談話を出してみると今まで以上の謝罪要求の火種となっただけで終わった。

本当に日本の特定アジアに対する謝罪外交は正しい選択だったのか?
[国家は謝罪せず。]の続きを読む

テーマ:政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル:政治・経済

65回目の終戦記念日
8月15日-65年前、日本がポツダム宣言を受ける意志を表明した日である。それをもって、太平洋戦におけるほぼ全ての戦闘行為が停止され、日本は負けた-

[65回目の終戦記念日]の続きを読む

テーマ:政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル:政治・経済

終戦記念日と衆議院選挙と・・・・・・。
衆議院選挙が近づく中、間もなく64回目の終戦記念日がやってくる。
今度の選挙は政権交代の可能性の非常に高い選挙で、国民の注目度も今までになく高まっている。

そのような中、終戦記念日を迎える。今度の選挙では、生活雇用関連の政策ばかりがマスコミ等でも注目されているが、国家議員を選ぶ際に書くことのできない重要な項目がほとんど注目されていない。それは外交政策、安全保障などの国外の政策やこれから国家像などは全くと言っていいほど、マスコミも取り上げないし、政党や候補者自身もあまり語られることはない。

小生は、国会議員選挙は生活関連の政策などの目先の政策について重点を置くのではなく、国家観やこの先日本をどういう方向に動かそうとしているのかなどを重視して判断する必要があるのではないかと考える。
[終戦記念日と衆議院選挙と・・・・・・。]の続きを読む

テーマ:雑記 - ジャンル:ブログ

政権交代はいかに?
各党マニュフェストが出そろい、いよいよ選挙戦が本格化してきた。
自民党と民主党の非難の応酬は、今回の選挙戦の激しさを予想させるのには十分なものであるといえる。特に生活支援関連の政策案は互いに内容の差はほとんどなく、非難の応酬は泥仕合と化しているようにも見える。

[政権交代はいかに?]の続きを読む
本当に民主党に政権交代すべきなのか?
6月28日横須賀市選挙が行われ、33歳の新人候補が現役候補を破り、初当選した。
驚きは33歳の若さもさることながら、自公民の相乗りの現役候補が敗れたということが、さまざまな反響を生むことになった。
[本当に民主党に政権交代すべきなのか?]の続きを読む
日本、太平洋環境共同体創設へ
------------------引用開始------------------

太平洋環境共同体」の創設へ 島サミット
2009.5.23 11:54
 日本と南太平洋の16カ国・地域の首脳による第5回日本・太平洋諸島フォーラム(PIF)首脳会議(太平洋島サミット)は23日、北海道占冠(しむかっぷ)村で2日目の会合を行い、気候変動対策に連携して取り組む「太平洋環境共同体」の創設を盛り込んだ首脳宣言「北海道アイランダーズ宣言」を採択して閉幕する。麻生太郎首相は最終セッションで参加国・地域に対し、日本が3年間で500億円の支援を行うことを表明する。
 「太平洋環境共同体」で日本は、太陽光発電パネルや海水浄化装置の提供、技術者1500人の育成などを支援する。このほか宣言には(1)医師、看護師ら2000人の専門家育成(2)「キズナ・プラン」として1000人以上の青少年交流事業(3)マグロなど水産資源の保全・管理の協力-を行うことなどが明記された。
 また、宣言には「国連で平和と安定に関して顕著な役割を日本が果たしている」と、日本の国連安全保障理事会常任理事国入りを参加各国が間接的に支持するとの内容も盛り込まれることになった。宣言採択後、共同議長の麻生首相とニウエのタランギ首相が記者会見し、会議を総括する。

「太平洋環境共同体」の創設へ 島サミット(MSN産経ニュース) 

------------------引用終了------------------

先ごろ北海道占冠村で2日間の予定を終了し、太平洋共同体創設など盛り込んだ北海道アイランダーズ宣言を発表採択し閉幕した。
[日本、太平洋環境共同体創設へ]の続きを読む