1. 無料アクセス解析
ないちょの雑記帳・改
右へ左へそして斜め上、日々思想は駆け巡る。
福山市で粗食給食
--------------引用--------------

幼小中で「粗食給食」 被災地の苦労実感して 

福山市教委 浮いた300万円寄付へ

主菜なしの給食を平らげる子どもたち(福山市立樹徳小で)
 東日本大震災の被災地で給食の提供さえままならない状況に思いをはせようと、福山市教委は5日、市立の小中学校、幼稚園の給食で、通常は1人245円の食材費を145円に抑えた「粗食献立」を行った。約3万人分で、浮いた約300万円は復興支援のために寄付する。

 献立は、ご飯と豚汁、味付けのりと牛乳だけで、子どもたちが一番楽しみにしている主菜はなし。福山市木之庄町、市立樹徳小の2年2組では、主任栄養専門員の今川京子さん(53)が「この献立でさえ出せない地域があった。同じ小学生の苦労を考えて」と呼び掛けた。子どもたちは「大切に残さず食べます」などと発言し、給食を平らげていた。

 市川友翔君(7)は「早く、みんながおなかいっぱい食べられるようになってほしい」と願っていた。

 宮城、岩手両県などの被災地では調理施設が被害を受けたため、パンやおにぎりと牛乳だけの「簡易給食」を続ける学校が相次いだ。

幼小中で「粗食給食」 被災地の苦労実感して 読売新聞(2011年9月6日)
--------------引用--------------


福山市教育委員会が東日本大震災の被災地に思いをはせようと、幼小中の給食の主菜を減らし、その分の食材費を被災地への義援金とした”粗食給食”を行った。

現在でも被災地の一部では給食施設が十分に復旧しておらず、主菜のない給食が続いている。そういった現状を被災地外の子供に実感してもらうために行われた粗食給食であるが、福山市の内外から批判の声が上がっている。ネットでは、福山市教育委員会の行為を独断専行と見る向きも多く、否定的意見が散見される。

個人的には子供に震災の労苦を疑似体験させるとには賛成で、たった一回の給食を粗食にしたからと言って、子供が深刻な影響不足に陥るはずもなく、飽食気味の子供には大きな問題はないと思える。その点では一切異論はない。

ねっとで問題とされているのは事前のコンセンサスをとったのかということである。また、一回とはいえ給食の主菜を減らすことが教育上必要な措置なのか、給食の主菜を減らして、浮いた材料費を義援金に回した行為が適切と言えるのかということである。
[福山市で粗食給食]の続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル:政治・経済

66回目の原爆忌
今年もこの日がやってきた。

---66回目の原爆忌。---

1945年8月6日、広島に原爆が投下され数多の民間人が文字通り”消失”し、生き残れた人々も地獄の業火に焼かれ、放射線の影響に苦しめられている。

広島平和公園にある原爆死没者慰霊碑にはこうある。

安らかに眠って下さい 過ちは 繰返しませぬから

この”過ち”とはなんであろう?”過ち”を犯したのは誰なのだろう?

碑文からは読み取れない。

現在被爆者の高齢化が進み、被爆体験の風化が懸念されている。被爆体験の継承は直接被曝した被爆者からではなく、被爆者の話を聞いた被曝経験のない世代によって担うことになる。

本当に継承するべきことはなんなのか、今一度考える時期に来ているのではないのだろうか?

また今年は福島の原発事故により、日本の原子力政策が大きく転換されようとしている。

本当に考えるべきことは何であろう?

加えて、日本周辺国特に中国の覇権的姿勢が顕著になり、北朝鮮が武装し、韓国も武装を検討するか取り沙汰される中、被爆者の体験談やただただ話しあうだけでこの状況を改善していけるのか日本人に突付られていると入って良い状況にある。

日本周辺のの脅威に対し、日本が如何に実効的な対応を取るのか考えなければならない時期ではないのだろうか?
[66回目の原爆忌]の続きを読む

テーマ:政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル:政治・経済

この講演はいったい・・・・・・。
いったい、この教授は何を考えているのでしょう?

大牟田市で行われた9条の会主催の講演会で耳を疑うような講演があった。

水島早稲田大学教授がこの講演会の中で『憲法9条の規定で「日本は集団的自衛権を行使できない」と強調。「米軍は遺体捜索と同時に上陸作戦の演習をやったのではないか。トモダチ作戦を『日米同盟の深化』などと言うと『次は自衛隊が米軍を助ける番だ』との議論が出てくる」』と語った。

[この講演はいったい・・・・・・。]の続きを読む

テーマ:政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル:政治・経済

憲法記念日に思う
今年も憲法記念日がきた。
今年は大震災を受け、自衛隊が注目が浴びている。
ただ自衛隊が災害派遣で成果を上げ、活躍すればするほど本来任務である国防が忘れ去られるという皮肉な状態になっている。現に中露が日本の領空を侵犯し、被災後の日本の偵察を繰り返している。

日本人はもっと憲法を考えてみる必要があるのではないのでしょうか?
[憲法記念日に思う]の続きを読む

テーマ:政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル:政治・経済

昭和の日に思う
昨日はサンフランシスコ講和条約が締結され、日本が独立国に回復した日であった。

そして今日は昭和の日。

昭和における一大歴史的出来事といえば、大東亜戦争、所謂太平洋戦争である。

今も尚、先の戦争の評価は議論になるが日本国内での評価は大方否定的な受け止め方をされている。確かにアジア地域で日本一国が世界の列強相手に戦争をふっかけた先の戦争を否定的にみる日本人の割合はかなり高いと言えるだろう。

しかしながら、本当にそれは先の戦争を適正に評価しているのだろうか?

アジア各国を代表するような著名人は必ずしも否定的にだけ捉えてはいない。つまりは日本人はアジア諸国の評価を知らず、先の戦争を否定的に捉えているということになる。

次の動画を見ていただきたい。
[昭和の日に思う]の続きを読む

テーマ:いいもの見つけた - ジャンル:日記

被災地の現状~被災地議員の訴え~
3月の震災が発生して、1ヶ月が経った。
復旧作業は少しずつ進みつつあるが、まだまだ復興には程遠い状況である。マスコミからの情報が被災地の現場についての詳細な報告がなく、被災地の正確な現状を被災地外の国民が正確に理解出来ない。

自民党議員である小野寺衆議院議員(宮城6区)は被災地の現場について語った。
[被災地の現状~被災地議員の訴え~]の続きを読む
4月1日の白昼夢
注)4月1日のネタです。以下の記事内容は全くのフィクションです。実在の人物・団体等と名称が似通っていたとしても、私の創作であり実在の人物・団体等と全く関係ありません。

====================

3月11日の大震災のあと、連立に踏み切った自○党と政権与党である民×党は挙党一致で震災対応に当たることとなった。菅(すが)首相は退陣、そのあとを自○党の谷柿総裁が受けることとなった。その一方、民×党の一部は震災対応をさておき自らの政治的主張を繰り返し、無用の国会空転をもたらしていた。自○党においても震災対応における民×党議員の活動について批判が相次ぎ、火種がくすぶっていた。特に震災特命大臣の関連団体における物資横領疑惑は大きな火種となり、その他野党だけでなく、与党内でも批判の声が上がり始めた。震災特命大臣も阪神大震災におけるデマと同様、根も葉もないデマと釈明したが自○党や連立を組む国民△党内でくすぶり続けた。谷柿首相は連立内の火消しに追われるものの、対応しきれないと震災対応大臣を罷免することとなった。
[4月1日の白昼夢]の続きを読む

テーマ:なんとなく書きたいこと。。 - ジャンル:日記

東日本大震災
宮城県を中心に非常に規模大きい甚大な被害をもたらした大震災が発生した。すでに死亡者数は阪神大震災を超え、被害地域も阪神大震災とは比較にならないほど広い。そのうえ、日本の原子力活用の歴史の上で最悪の事故も同時進行の状態となっている。

そのようなのなか、被災者は非常に悲惨で過酷な避難生活を送っている。TV等でその一端は垣間見ることはできる。そのような光景を目の当たりにして、”何かしなくては”と焦燥に駆られる心優しき人も多いと思う。

ただその前に以下の記事を読んでいただきたい。現状では素人のボランティアは足手まとい以外の何者でもない。私が参加しているSNS my日本 でひろった記事を読んで良く考えてまず身近ですぐに出来ることから始めてほしいと思う。
[東日本大震災]の続きを読む
憲法記念日に思う(2)
憲法記念日がやってきて思うのは、憲法改正論議が全く進んでいないということである。新聞等の世論調査によれば、国民の約半数は会見に賛成している(毎日新聞、日経新聞などの調査)。ただし、第9条改正に限ってみると、新聞社によっては改正反対が過半数となる(朝日新聞調べ)。この状況は数年間からほとんど変わっておらず、おりからの不況もあって、政治の中心的話題とはならなくなった。また民主党もこの問題に対し及び腰であり、現状ではこの問題にできるだけ触れないにしているようにも見える。

憲法は国家の基本をなす重要な枠組みであり、しっかりと議論し国民的合意を形成していくことが必要なのではないのだろうか?そういった議論なく問題を先送りしたり、曖昧なまま結論をだすことはこれからの日本にとって大きな禍根を残すように思う。そういう視点で憲法を見直し、議論している政治家、政党が一体いくつあるのだろう。

今日はそのような問題を国民全体で考える日であってほしいと思う。

関連記事など

憲法記念日に思う(ないちょの雑記帳・改)
まもなく憲法記念日がやってくる・・・。(ないちょの雑記帳)
★平和と健康★の管理人nobさんとの対話 (ないちょの雑記帳)

blogram投票ボタンブログランキング・にほんブログ村へ
鞆の架橋問~新知事が架橋計画の見直しを示唆~
広島県の知事選挙も終了し、新しい知事が決まった。新しい広島県知事に決まった湯崎氏は智の架橋問題は架ける、架けないの二元論では将来に禍根を残すと述べ、反対派のトンネル案も含め、架橋計画の見直しを示唆した(中国新聞 平成21年11月10日)。

実際、の現状は生活環境としてはそれほど良い状況とは言えない。道幅は狭く、乗用車が一台やっと通れるほどしかなく、すれ違うことは不可能である。また、家々は古く、軒先が道路に覆いかぶさるような状況で大型車はその間際を通る形になる。休日ともなると観光客も多く訪れるが、車が観光客のすぐそばを車が通り、非常に危険である。そのため町内を通る車を減らし、安全性を確保することは急務といえる。そのうえ、町内に観光客の利用できる駐車場が少なく、自動車で訪れる環境客にとっては利便性が高いとはいえない。

鞆4

また下水道がごく一部しか整備されておらず、多くの家が汲み取り便所や単独浄化槽を使用し、一部生活排水は側溝を通っている。そういったことから、生活環境的にも必ずしも良好といえず、環境的な問題もある。

今問題になっている架橋計画はそういった問題を解決し、住民の生活環境向上と観光振興を狙った計画である。

しかし、架橋計画の何が問題で計画が進まないのだろうか?

[鞆の架橋問~新知事が架橋計画の見直しを示唆~]の続きを読む

テーマ:雑記 - ジャンル:日記