1. 無料アクセス解析
ないちょの雑記帳・改
右へ左へそして斜め上、日々思想は駆け巡る。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
水田の生物多様性保全に向けて日本政府提案
-------------------------引用開始-------------------------
水田生物多様性守って 日本政府が提案方針

 【ナイロビ共同】ナイロビで開催中の生物多様性条約の会合で、日本政府が、水田生物多様性の重要性を認識し、保全の強化を促す文言を、10月の名古屋市での同条約第10回締約国会議(COP10)で採択する決議に盛り込むよう提案することが、15日分かった。

 国内の環境保護団体でつくる「生物多様性条約市民ネットワーク」の働き掛けを受け、政府は来週の同会合の作業部会で提案する方針を固めた。

 市民ネットが政府に提示した決議案は、水田が周辺の湿地や河川などと水路のネットワークを形成して特有の生態系をはぐくみ、水資源の保全や土壌の流失防止、局地的な気候の安定などに重要だと強調。「河川や池から水田に移動して食料にもなる魚類やその他の水生生物など、さまざまな種が生息できる自然環境を維持する政策を取ることを締約国に要請する」とした。水田生物多様性を評価する調査の実施なども促している。

水田の生物多様性守って 日本政府が提案方針(47news 2010年5月15日)

-------------------------引用終了-------------------------

ナイロビで行われている生物多様性条約において、国内の生物多様性条約市民ネットワークの働きかけに答える形でこの会議の場で名古屋で行われる第10回会議で水田の生物多様性の重要性を認識し、保全を強化する文言を決議文に盛り込むよう提案する。

[水田の生物多様性保全に向けて日本政府提案]の続きを読む
スポンサーサイト
鞆の浦架橋問題と地球温暖化と八ツ場ダムと
鞆の浦架橋計画の差し止めを求めた裁判が10月1日広島地方裁判所で行われ、判決が出た。
判決は科挙計画反対派住民の主張が認められ、広島県に対し、計画の差し止めを言い渡す判決となった。
この判決に対し、賛否両論の声が上がり、この問題の含んでいる問題の根の深さを感じざるを得ない。

この計画が実行されるにせよ、中止されるにせよ住民の声、意志というものが前面に出てこないという点である。住民の多くはどちらかといえば、計画に賛成の住民が多いのだがそのことはマスコミ報道では前面に出して報道されていない。反対派と呼ばれる人は住民ではなく、外部の人(宮崎駿監督やイコモスの委員など)がマスコミ報道の前面に立っていた。

この問題で、いちばん重要なことは鞆の浦の持つ警官の歴史的価値と住民の生活上の利益をどう具体的に整合を取るのかという点についてほとんど議論をなされていないということである。景観の保護と住民の便益の整合を取るということは、環境問題を解決していく上でどうしても解決していかなければならない問題であることは論を待たない。そういった視点での議論や報道が極めて少ないのが残念でならない。

そういったことは、地球温暖化対策を考える上で必要性が増してきている。
[鞆の浦架橋問題と地球温暖化と八ツ場ダムと]の続きを読む

テーマ:環境問題 - ジャンル:ニュース

竹からバイオエタノール
------------引用開始-------------
静大:からバイオ燃料開発 食料と競合なく 研究チーム

50マイクロメートルまで細かく粉砕された(右)。中央は従来の技術で限界だった500マイクロメートルのの粉=浜松市中区の市商工会議所で、2008年12月18日午前11時55分、平林由梨撮影 石油に代わる燃料として注目されるバイオエタノールを、から高い効率で作る技術を中崎清彦・静岡大教授(生物化学工学)の研究チームが開発した。サトウキビやトウモロコシと違って食料と競合する心配がなく、木材より成長が早いことが魅力という。

~略~

静大:竹からバイオ燃料開発 食料と競合なく 研究チーム~毎日.jp 2008年12月20日)

------------引用終了-------------
[竹からバイオエタノール]の続きを読む
バイオエタノールは日本の福音なりうるのか?
近年、トウモロコシや小麦などから作るいわゆるバイオエタノールが石油代替燃料として注目されている。アメリカ・ブラジルなどではこれからの石油需要の拡大と石油資源の枯渇による供給減を視野に入れ、国家規模の計画が進んでいる。原理的にはバイオエタノールは大気中の二酸化炭素を吸収した植物から製造するので、燃やしたとしてももともとの二酸化炭素に戻るので二酸化炭素の増加は抑えられる。しかも石油など違い育てることができ、うまく使えば枯渇する心配は石油などの化石燃料と比較するとはるかに少ない。

しかしながら、なかなか理想的にはいかない。理想的に見えるバイオエタノールも様々な問題を抱えている。
[バイオエタノールは日本の福音なりうるのか?]の続きを読む
宮古島バイオエタノール構想頓挫か?
宮古島で行われていたバイオ燃料構想が事実上頓挫した。
同島でのバイオ燃料の販売において石油業界が協力しないことを公表し、販路がなくなったためだ。政府はガソリンに直接バイオエタノールを3%混合したE3と呼ばれる混合ガソリン宮古島で販売・普及を目指したが、石油業界は別方式の混合ガソリンを販売予定であり、政府が推奨する方式の混合ガソリンは水分によるアルコール分の分離による品質変化などにより品質が安定しないと販売に協力できないとした。
[宮古島バイオエタノール構想頓挫か?]の続きを読む

テーマ:雑記 - ジャンル:ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。