1. 無料アクセス解析
ないちょの雑記帳・改
右へ左へそして斜め上、日々思想は駆け巡る。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
チベットと台湾、そして中国-庶民は世界を変えうるのだろうか?-
チベットで騒乱が発生してから、一週間ほどたった。厳しい中国当局の報道管制のわずかな隙間から漏れてくる情報からはチベット騒乱が周辺に拡大し、犠牲者も増加しているようである。チベット中国共産党の武力侵攻以来、抑圧され続けてきた。そのチベット民衆の我慢の限界がもう来ているのかもしれない。また、中国当局の情報統制によってダライラマ14世のあくまで非暴力によるチベットの主権確立の願いもチベット民衆には必ずしも伝わっておらず、暴力的な手段も辞さないチベット民衆も現れている。中国当局も小出しに犠牲者数や鎮圧の状況を新華社通信等を通じて、世界に発信しているが、あくまで中国当局の正当化に有利な暴力的な抗議行動をとるチベット民衆の情報を流している。

[チベットと台湾、そして中国-庶民は世界を変えうるのだろうか?-]の続きを読む
スポンサーサイト
騒乱の続く中国-本当に中国でオリンピックを開くべきか?-

チベットで仏教僧らによる中国当局に対する政治犯らの開放求めるデモが公安当局により鎮圧されました。もともと、チベット中国により武力侵攻され中国の支配下になったものであるが、その後仏教僧などによる抗議活動がたびたび起きた。この公安当局の鎮圧に対し、ダライラマ14世をはじめ、インド・イギリスなどで抗議の声が上がっている。


[騒乱の続く中国-本当に中国でオリンピックを開くべきか?-]の続きを読む
イージス艦「あたご」漁船衝突事件におもう
イージス艦あたご」と漁船との衝突事故が発生してから、一週間以上たった。マスコミの最近の報道を見ると、「あたご」側の過失と自衛隊・防衛省の不手際に焦点を置いた報道ばかりである。

しかしながら、実際のところはどうなのであろうか?
[イージス艦「あたご」漁船衝突事件におもう]の続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。