1. 無料アクセス解析
ないちょの雑記帳・改
右へ左へそして斜め上、日々思想は駆け巡る。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
政権交代雑感
先の衆議院議員選挙民主党が圧勝し、ついに自民党が政権与党の座から落ちた。これから、政権交代に伴う混乱状態に日本は入るであろう。

ただ今回の選挙で驚くべきことは小選挙区制の極端な触れかたである。前回の選挙では自民党が圧勝し、公明党と合わせ2/3を超える議席を獲得したのに、今回は民主党単独で300議席を得るという結果となった。この振れ幅の大きさは、単純に自民党・公明党の政策に嫌気がさし、新しい政治を求めた国民の審判というには極端に思える。もともとの制度的な特色による影響も含めた考えなければならないのだろう。あまりに極端な政治の変化は国益を損ね、結果として日本国民の損害となるからである。

その意味で、小選挙区制も政治改革と合わせ考える必要があるのではないのだろうか?

blogram投票ボタンブログランキング・にほんブログ村へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。