1. 無料アクセス解析
ないちょの雑記帳・改
右へ左へそして斜め上、日々思想は駆け巡る。
鞆の浦架橋問題と地球温暖化と八ツ場ダムと
鞆の浦架橋計画の差し止めを求めた裁判が10月1日広島地方裁判所で行われ、判決が出た。
判決は科挙計画反対派住民の主張が認められ、広島県に対し、計画の差し止めを言い渡す判決となった。
この判決に対し、賛否両論の声が上がり、この問題の含んでいる問題の根の深さを感じざるを得ない。

この計画が実行されるにせよ、中止されるにせよ住民の声、意志というものが前面に出てこないという点である。住民の多くはどちらかといえば、計画に賛成の住民が多いのだがそのことはマスコミ報道では前面に出して報道されていない。反対派と呼ばれる人は住民ではなく、外部の人(宮崎駿監督やイコモスの委員など)がマスコミ報道の前面に立っていた。

この問題で、いちばん重要なことは鞆の浦の持つ警官の歴史的価値と住民の生活上の利益をどう具体的に整合を取るのかという点についてほとんど議論をなされていないということである。景観の保護と住民の便益の整合を取るということは、環境問題を解決していく上でどうしても解決していかなければならない問題であることは論を待たない。そういった視点での議論や報道が極めて少ないのが残念でならない。

そういったことは、地球温暖化対策を考える上で必要性が増してきている。
[鞆の浦架橋問題と地球温暖化と八ツ場ダムと]の続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:環境問題 - ジャンル:ニュース