1. 無料アクセス解析
ないちょの雑記帳・改
右へ左へそして斜め上、日々思想は駆け巡る。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
水田の生物多様性保全に向けて日本政府提案
-------------------------引用開始-------------------------
水田生物多様性守って 日本政府が提案方針

 【ナイロビ共同】ナイロビで開催中の生物多様性条約の会合で、日本政府が、水田生物多様性の重要性を認識し、保全の強化を促す文言を、10月の名古屋市での同条約第10回締約国会議(COP10)で採択する決議に盛り込むよう提案することが、15日分かった。

 国内の環境保護団体でつくる「生物多様性条約市民ネットワーク」の働き掛けを受け、政府は来週の同会合の作業部会で提案する方針を固めた。

 市民ネットが政府に提示した決議案は、水田が周辺の湿地や河川などと水路のネットワークを形成して特有の生態系をはぐくみ、水資源の保全や土壌の流失防止、局地的な気候の安定などに重要だと強調。「河川や池から水田に移動して食料にもなる魚類やその他の水生生物など、さまざまな種が生息できる自然環境を維持する政策を取ることを締約国に要請する」とした。水田生物多様性を評価する調査の実施なども促している。

水田の生物多様性守って 日本政府が提案方針(47news 2010年5月15日)

-------------------------引用終了-------------------------

ナイロビで行われている生物多様性条約において、国内の生物多様性条約市民ネットワークの働きかけに答える形でこの会議の場で名古屋で行われる第10回会議で水田の生物多様性の重要性を認識し、保全を強化する文言を決議文に盛り込むよう提案する。

[水田の生物多様性保全に向けて日本政府提案]の続きを読む
スポンサーサイト
憲法記念日に思う(2)
憲法記念日がやってきて思うのは、憲法改正論議が全く進んでいないということである。新聞等の世論調査によれば、国民の約半数は会見に賛成している(毎日新聞、日経新聞などの調査)。ただし、第9条改正に限ってみると、新聞社によっては改正反対が過半数となる(朝日新聞調べ)。この状況は数年間からほとんど変わっておらず、おりからの不況もあって、政治の中心的話題とはならなくなった。また民主党もこの問題に対し及び腰であり、現状ではこの問題にできるだけ触れないにしているようにも見える。

憲法は国家の基本をなす重要な枠組みであり、しっかりと議論し国民的合意を形成していくことが必要なのではないのだろうか?そういった議論なく問題を先送りしたり、曖昧なまま結論をだすことはこれからの日本にとって大きな禍根を残すように思う。そういう視点で憲法を見直し、議論している政治家、政党が一体いくつあるのだろう。

今日はそのような問題を国民全体で考える日であってほしいと思う。

関連記事など

憲法記念日に思う(ないちょの雑記帳・改)
まもなく憲法記念日がやってくる・・・。(ないちょの雑記帳)
★平和と健康★の管理人nobさんとの対話 (ないちょの雑記帳)

blogram投票ボタンブログランキング・にほんブログ村へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。