1. 無料アクセス解析
ないちょの雑記帳・改
右へ左へそして斜め上、日々思想は駆け巡る。
尖閣衝突事件ビデオ流出
尖閣諸島にて発生した海上保安庁巡視船と中国漁船衝突ビデオが突如流出して世間を騒がしている。海上保安庁もこのビデオが実際に撮影されたビデオと同様の内容であることを認めており、本来非公開であるビデオ流出していることを暗に認めている。

その結果、日本のどのような影響があるのだろうか?
当該ビデオの大元は削除された模様であるが、様々なところに拡散しているため、検索すればいくつかあたるであろう。

このビデオの内容はほぼ間違いなく本物のようで政府・海上保安庁流出の経緯について調べを進めている。このビデオ流出によって日本にどのような影響があるであろうか?

まず、中国の反応であるが、共産党政府の公式コメントは現在の時点では出されてはいないがネット上での反応は中国漁船が故意で衝突していたとしても、事件の責任は日本にあり、船員を英雄視する発言が相次いでいるようである(尖閣:衝突事件の画像流出、中国で依然「悪いのは日本」の声 サーチナ)。この反応を見ると、少なくともネット上での情報統制は中国側の思惑通りの状態であると考えていいだろう。今後、共産党政府の反応を待たなければならない。ただ、APECを控え、このビデオ流出を理由に何らかの揺さぶりを政府に共産党政府がかけてくるかもしれない。場合によってはAPECの参加取りやめや参加しても日本側との接触を一切断つなどの行動に出るかもしれない。そうなれば、日本の国際的な印象はさらに下がることになるだろう。

国内においても大きな問題がある。この流出事件のまえに国際テロに関する秘密文書の流出事件があり、政府機関の情報管理に大きな疑問が投げかけられている。内部情報や極秘情報などがこのように簡単に流出すると政府機関に対する信用が今まで以上に低下し、国際的な信用も著しく傷つけられることになる。また、このことから与党が官僚を制御しきれていない印象を内外に与えるかもしれない。さらにビデオ自体は非公開の証拠物件であり、本来このような形で公開されることは法治国家として望ましいことではない。

この事件で更に日本にとって都合の悪いことは、外交も官僚統制もできない政治家が政府を構成しているということである。この流出事件を逆手にとって、中国尖閣諸島問題に対して譲歩を引き出すような強かな外交は望むべくもない。おそらくはこの流出事件が一因となって、更に日本が追い込まれないか心配される。野党もこの事件をネタに与党を攻めることになるだろうが落しどころが今のところ見えないため、国会が今以上に空転し、政治的な停滞が続くおそれもある。

以上のことを考えると今回のビデオ流出事件が日本に暗い影を落とす可能性が高いと言えそうである。政府が強かな外交を行えることを夢想しつつ、この事件の推移を見守りたい。

一応、私が見つけた衝突シーンの動画のURLを下に記します。

http://www.youtube.com/user/maichan59631#p/a/u/0/jtXM1iAtNxM

【トレミー】人気ブログランキングblogram投票ボタンブログランキング・にほんブログ村へ

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
>coffeeさん
コメントありがとうございました。
今の日本政府は日本の政府ではないように思えます。日本の国益については全く考慮していないようにしかみえません。このまま、民主党が政権を担い続けることで、日本がどこまで崩壊するのか心配でなりません。
2010/11/06(土) 13:45:38 | URL | ないちょ #-[ 編集]
もっと早く政府が全面公開するべきだった
どうして、この映像を日本政府が必死に隠ぺい(非公開)にしてきたのか、全く理解できません。
政府やマスコミは日本の敵です。

2010/11/06(土) 13:21:23 | URL | coffee #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://daibadatta.blog116.fc2.com/tb.php/100-315a2622
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓ 流出した尖閣事件の動画=5日 尖閣ビデオ流出し、ユーチューブに投稿 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101105-00000512-san-soci 尖...
2010/11/06(土) 13:22:05 | 正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
一夜明けて元動画は既に削除されていますが動画サイトに拡散しております。 上の通り消されていますのでミラーの方と差し替えました。 真偽と内容の程は各自で確認の上、判斷されたし。 (追記)ニコニコ動画にも上げた方がいらっしゃいました。 ...
2010/11/05(金) 17:57:08 | 『帝國』ブログ