1. 無料アクセス解析
ないちょの雑記帳・改
右へ左へそして斜め上、日々思想は駆け巡る。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
様々に広がる「チベットと五輪」
中国チベット騒乱弾圧に端を発した「チベット五輪」問題であるが、欧米では反中活動が盛り上がり、聖火リレーに対する抗議活動が活発化した。

日本でもこの問題に対し、遅ればせながら同調する動きが現れ始めた。
4月26日に長野で聖火リレーを行うことになっているが、スタート地点予定地だった善光寺チベット問題の盛り上がりに配慮し、スタート地点を辞退した。

また、ネット上では早くからチベット問を告発するサイトや抗議活動を行うサイトがある。

チベット武力弾圧関連クリップ

2008北京オリンピック反対

今回、これだけ北京オリンピックに対し反対活動が多いかといえば中国によるオリンピック政治利用が背景にあると思われる。中国は今回の事態に際し、オリンピック政治利用はオリンピック憲章の精神に反すると盛んに報道などを通じ主張しているが、中国ほどオリンピックを政治利用している国はない。たとえば1956年のメルボルン、1960年のローマ、1964年の東京、1968年のメキシコ、1972年のミュンヘン、1976年モントリオールの7回、台湾問題を理由にボイコットし、1980年のモスクワもアフガニスタン問題でボイコットしている。 中国側のオリンピックを政治問題と関連させるなという主張はは空虚な主張といえるだろう。特に今回は中国の内政に深くかかわる問題でもあり、それゆえ中国当局もより神経を尖らせているものと考えられる。

国内に目を向けて惜しむらくは、政府の対応がいつもながらあいまいではっきりしないものとなっていることである。与野党かかわらず国会議員の中から、こぞって北京詣でを行う現状では仕方のないことかもしれないが、あくまで日本の国会議員ということ忘れないでもらいたい

お茶を濁すように中国外相にチベット問題について対話を要請したがそんなポーズではなくもっとはっきりとした主張をできるようになれなければ、日本はいつまでたっても中国の朝貢国に過ぎないのではないのだろうか?

ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ほんとに迷惑・・・・・
>チキソ様
中国の暴走はまだまだ止まらないでしょうね。おそらくオリンピック後バブルがはじけて、中国の勢いがなくなるまでは同じようなことが繰り返されるでしょうね・・・・。

ありがとうございました。
2008/04/21(月) 19:31:02 | URL | ないちょ #-[ 編集]
エクストリーム聖火リレー
どんどん騒ぎが大きくなるばかりですね。中国人自体が良質な燃料を継続的に投入しているんですから自業自得としか言いようがありません。

こんなところでオリンピックが行われることは選手にとっては不幸ですね…。
2008/04/20(日) 22:30:05 | URL | チキソ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://daibadatta.blog116.fc2.com/tb.php/19-74afc6fe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。