1. 無料アクセス解析
ないちょの雑記帳・改
右へ左へそして斜め上、日々思想は駆け巡る。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
世界に広がる食糧危機~日本のこれから~
近年の地球温暖化に起因する異常気象や、中国・インド等の新興国の需要増などにより、世界の食糧生産が需要に追いつかなくなりつつある。いくつかの国では、小麦等の輸出規制や大幅な輸出関税課税により、ともすれば食料ナショナリズムというべき状況が発生してきている。

情報BOX:世界の食糧確保に向けた輸出規制の動き(REUTER-gooニュース)
このような世界の動きに対し日本はWTOに食糧の輸出規制に対する規律を強化するよう提案した(
食料輸出規制の規律強化を=WTOで日本が提案へ-若林農水相~時事通信-Yahoo!ニュース)。世界的な食料囲い込みによって食料価格が上昇することは必至である。カロリーベースの食料自給率39%の日本にとって、世界のこのような動きは国家存続の危機といってよく、すばやい対応が必要である。日本の農業政策もこの現状にあわせ転換が必要であろう。例えば減反政策をやめ、米の増産に向かう施策を行うなど、農業生産を拡大するような方向に誘導する必要があるだろう。

また日本人の食生活が欧米化したため、小麦や肉類の消費量が増加し、それが日本の食料の海外依存度を高めている原因のひとつとなっている。この状態を改善するためにいまの欧米化した食生活を日本食が食事の中心となるよう、例えば食育として小中学校での給食で日本食中心の献立を採用するなどの幼少期からの食生活を日本食中心に誘導するような施策をする必要があろう。そのうえ、国内農業生産物の消費拡大の一環として地元食材の使用割合を増加させるなどの取り組みが必要となるだろう。いずれにしても、長い時間がかかる取り組みになることが予想され、早急な対策が望まれる。

ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://daibadatta.blog116.fc2.com/tb.php/20-fc9b0c7f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。