1. 無料アクセス解析
ないちょの雑記帳・改
右へ左へそして斜め上、日々思想は駆け巡る。
福山市で粗食給食
--------------引用--------------

幼小中で「粗食給食」 被災地の苦労実感して 

福山市教委 浮いた300万円寄付へ

主菜なしの給食を平らげる子どもたち(福山市立樹徳小で)
 東日本大震災の被災地で給食の提供さえままならない状況に思いをはせようと、福山市教委は5日、市立の小中学校、幼稚園の給食で、通常は1人245円の食材費を145円に抑えた「粗食献立」を行った。約3万人分で、浮いた約300万円は復興支援のために寄付する。

 献立は、ご飯と豚汁、味付けのりと牛乳だけで、子どもたちが一番楽しみにしている主菜はなし。福山市木之庄町、市立樹徳小の2年2組では、主任栄養専門員の今川京子さん(53)が「この献立でさえ出せない地域があった。同じ小学生の苦労を考えて」と呼び掛けた。子どもたちは「大切に残さず食べます」などと発言し、給食を平らげていた。

 市川友翔君(7)は「早く、みんながおなかいっぱい食べられるようになってほしい」と願っていた。

 宮城、岩手両県などの被災地では調理施設が被害を受けたため、パンやおにぎりと牛乳だけの「簡易給食」を続ける学校が相次いだ。

幼小中で「粗食給食」 被災地の苦労実感して 読売新聞(2011年9月6日)
--------------引用--------------


福山市教育委員会が東日本大震災の被災地に思いをはせようと、幼小中の給食の主菜を減らし、その分の食材費を被災地への義援金とした”粗食給食”を行った。

現在でも被災地の一部では給食施設が十分に復旧しておらず、主菜のない給食が続いている。そういった現状を被災地外の子供に実感してもらうために行われた粗食給食であるが、福山市の内外から批判の声が上がっている。ネットでは、福山市教育委員会の行為を独断専行と見る向きも多く、否定的意見が散見される。

個人的には子供に震災の労苦を疑似体験させるとには賛成で、たった一回の給食を粗食にしたからと言って、子供が深刻な影響不足に陥るはずもなく、飽食気味の子供には大きな問題はないと思える。その点では一切異論はない。

ねっとで問題とされているのは事前のコンセンサスをとったのかということである。また、一回とはいえ給食の主菜を減らすことが教育上必要な措置なのか、給食の主菜を減らして、浮いた材料費を義援金に回した行為が適切と言えるのかということである。
福山市教育委員会のホームページを見ると、9月分の給食献立が閲覧することができる。その献立表には9月5日に粗食給食を行う旨が明記され手織り、唐突に粗食給食行うことが決定されたとは言いがたいことがわかる。ただネット上に上げられたのは9月2日であり周知期間が短い印象は拭えない。とは言ううものの給食の献立等の学校給食に関する事項は教育委員会の専任事務であり、事務的には今回のことは問題はないと言える。

一回程度の粗食給食では、子供が重大な栄養不足に陥る可能性はなく、子供の健康面でも問題はない。むしろ教育上の効果として、普段何気なく食べることができることがいかに恵まれたことなのか粗食給食によって実感させるという教育効果も期待できる。

ただ問題があるとすれば、材料費を浮かせて義援金に回した行為が適正な給食費の使用と言えるのか議論がないことである。給食費とはあくまで子供の健康などを考えた給食を提供するための費用であり、義援金への流用を前提としていない。目的外の流用を絶対してはいけないとは言わないが、もう少し議論をしておき、同じような事態が発生した場合でも対応できるように議論をするべきなのではないのだろうか。

教育委員会ももっと今回の措置は必ずしも悪い措置ではないのだからもっと早く市民に周知し、議論を深める努力をするべきなのではないのだろうか。福山市市民との協働をスローガンに抱えるならばもっと積極的に市民と意見交換を行い、政策決定など行う場を増やすべきであろう。教育委員会も市の一部局ならばなおのこと努力する義務があると思う。

【トレミー】人気ブログランキングblogram投票ボタンブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル:政治・経済

コメント
この記事へのコメント
コメントが遅れてすいません
コメントありがとうございます。
また返信のコメントが遅くなってすいません。

教育効果については、今回は場当たり的に行われたのでそれほどあるとは言えないかもしれません。ただ、教育のネタというか題材としてはいい題材であり、事前の取り組み次第では教育効果があるのではと思います。事実、新聞報道などを見るとインタビューを受けた子供のコメントを見ると教育効果について期待できます。

ただ、福山市民さんの言われるよう今回の募金方法が適切であったかどうかについては大いに議論されなければなりません。大した議論もなく、突然実施された印象は拭えませんし、行政による十分な周知がなされたかと言われれば、残念ながら不十分なものであると言わざるを得ないでしょう。

これがきっかけでもっと市民が行政のすることに関心をもって発言するようなことが増えることを私は期待しているのですが・・・・・。

コメントありがとうございました。
よろしければまたコメントいただければ幸いです。
2011/09/30(金) 17:55:53 | URL | ないちょ #-[ 編集]
福山市民ですが、この件には2点問題があると考えています。
第一点、我が子が通う学校では粗食給食について児童に知らされていないということです。教育効果はなかったのです。つまりピンハネを目的とする給食になってしまっているのです。

第二点、善意の名のもとに行政が民間人から寄付を強制的に徴収する行為は許されるのかということです。私は、こちらの方が問題で将来へ禍根を残すことになるのではと感じています。税金や保険料とは違うのです。今回は、東北へということですが、そのうち各種団体の資金源になるのではないかと危惧しています。
2011/09/24(土) 20:33:52 | URL | 福山市民です #mQop/nM.[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://daibadatta.blog116.fc2.com/tb.php/253-c7edbe16
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック