1. 無料アクセス解析
ないちょの雑記帳・改
右へ左へそして斜め上、日々思想は駆け巡る。
島根県知事、竹島問題を指導解説書へ明記要望
--------------引用開始--------------
島根県知事、竹島問題の指導要領解説書への明記を要望
2009.6.4 20:55
 島根県の溝口善兵衛知事は4日、文部科学省を訪れ、竹島をめぐる韓国との領土問題について、平成25年度から実施する高校地理歴史の新学習指導要領の解説書に明記するよう銭谷真美事務次官に要望した。
 銭谷次官は「要望は承ったが、どうするかは現在、検討中」と述べるにとどまった。
 溝口知事は「学校教育の場で竹島に関する指導がより強化され、生徒の正しい理解が進むことが重要だ」と強調。「昨年まとめられた中学校の解説書と同様、明記してほしい」と訴えた。
 解説書は授業での指導や教科書作成の指針。中学の社会科解説書では竹島に関して、日韓で主張に相違があることに触れるとし「北方領土と同様に我が国の領土・領域について理解を深めさせる」と記述した。

島根県知事、竹島問題の指導要領解説書への明記を要望(MSN産経ニュース)
--------------引用終了--------------

島根県知事が竹島問題の指導要領解説書への明記を求め、文部科学省へ申し入れをした。
この申し入れの背景には、未だ解決をみない竹島問題を国民に周知徹底したいという島根県の思いがある。本来国の専権事項である外交に関したこういった動きを県がしなければならないということ自体にこの国の問題点があるように思えてならない。文科省だけでなく、政府が一体となってこの問題に取り組んでもらいたい。

9月までには衆議院選挙が実施されることは確定している。与党自民党・公明党に限らず、民主党などの野党がこのような外交問題に対してどのような取り組みを国民に約束するのか刮目しなければならない。特に、「友愛」を掲げ、「日本列島は日本人だけのものではない」公言する民主党がどのような取組みをマニュフェストに掲げるのか、注目しなければならないだろう。


ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://daibadatta.blog116.fc2.com/tb.php/42-de6aca21
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック