1. 無料アクセス解析
ないちょの雑記帳・改
右へ左へそして斜め上、日々思想は駆け巡る。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
間もなく、衆議院選挙が行われますが・・・。
衆議院の任期がこの九月にやってくる。
支持率急落の麻生内閣と自民・公明与党。政策に関しても先の展望が見えるような政策がいま一つ打ち出せず、民主党の急追に対しても、ほとんど有効な対抗策を打ち出せないまま、選挙に突入しようとしている。

そんな中、民主党が支持を集めている。政権交代というわかりやすいスローガンもあってか、支持率が上がってきた。このままいけば、実際に政権交代が起こらないとも限らない。また、与党のこれまでの政策に対し、国民の中にも現状を変えるには、政権交代以外にないとさえ主張する者もあらわれてきている。しかし、本当に民主党に政権交代すれば、何もかも良くなるのだろうか?
民主党のマニュフェスト等を参考にして、政権交代後の民主党の政策を考えてみよう。
耳触りのいい政策の裏で民主党が進めている政策などが以下のとおりである。

・人権擁護法案
外国人移民1000万人を受け入れる
・日本は日本人のものじゃない発言(国家主権の移譲や共有)
・韓国への直接融資(無利子・無期限)を示唆
友愛(アジア土下座)外交
外国人参政権
・韓国人のBC級戦犯に300万円ずつ支払う法案
従軍慰安婦だったと名乗り出た全ての外国人に賠償金を支払う法案

耳触りのいい政策(高速道路無料化など)のうらでこのような政策を推進し、私は民主党に日本の将来を任せることに懸念を感じざるを得ない。たとえば外国人参政権に関して言えば、世界のどこの国も無条件に与えているわけではなく、いくつかの条件を付けることが普通である。また選挙権を与えた国では、トラブルも絶えない(オランダではイスラム系住人がイスラム化を画策し、選挙にでたことがある)。そのような実例があるにもかかわらず、このような政策を推進する民主党のやり方には、危惧を感じざるを得ない。

民主党に一度政権を取らせてみればという諸兄はもう一度このような事実を考えてもらいたい。今の自民党が機能不全に陥っているのは間違いないだろう。かといって上記のように、民主党がその代替になるとも思えない。

おそらく、民主党のこのような政策などはマスコミが突っ込んで伝えることはないだろう。だからこそ、上記のことをよく踏まえた上で時代をになう政権はいかなる形が望ましいのか、よく考えて選択をなさねばならないだろう。

ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
Re: タイトルなし
ルッキーさんお久しぶりです。
またのおこしありがとうございます。

> 自民党が機能不全状態にあるというには今に始まった事ではないでしょう。
> しかし、それに取って変わるのが民主党かというと大いに疑問を感じるのではないでしょうか?
> マスコミはいつもながら無責任なミスリードの道を突き進んでますし、無党派層と言われる一貫性のないこれまた無責任層は増えつずけています。

残念ながら、ルッキーさんの言われるとおり、無党派層と呼ばれる階層のなかにはムードで民主党への投票をする可能性が非常に高いといえるでしょう。

> 日本の政治は完璧にカオスの中にあるのが現状でしょう。
> 国民一人ひとりが本当に真面目に政治を監視し民主主義を行使することを日常的に考える必要があると思います。
> 民主主義とは民が主です。
> 政党を選ぶことだけが民主主義ではなく、賢明な民衆が賢明な政治を作り上げていくのが本来の姿であると思います。
> 政治家や官僚は当てにしても多くの場合、挫折感しか残りません。
>
> 国民の一番近くにいる政党はどこかということを考えて投票したいと思います。

日本国民がルッキーさんの言われるとおりになれば、日本はもっとよくなると思うのですが・・・・・。
先は長いようです。

コメントありがとうございました。
またのお越しをお待ちしています。
2009/06/29(月) 14:56:40 | URL | ないちょ #-[ 編集]
自民党が機能不全状態にあるというには今に始まった事ではないでしょう。
しかし、それに取って変わるのが民主党かというと大いに疑問を感じるのではないでしょうか?
マスコミはいつもながら無責任なミスリードの道を突き進んでますし、無党派層と言われる一貫性のないこれまた無責任層は増えつずけています。
日本の政治は完璧にカオスの中にあるのが現状でしょう。
国民一人ひとりが本当に真面目に政治を監視し民主主義を行使することを日常的に考える必要があると思います。
民主主義とは民が主です。
政党を選ぶことだけが民主主義ではなく、賢明な民衆が賢明な政治を作り上げていくのが本来の姿であると思います。
政治家や官僚は当てにしても多くの場合、挫折感しか残りません。

国民の一番近くにいる政党はどこかということを考えて投票したいと思います。
2009/06/28(日) 17:54:21 | URL | ルッキー #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://daibadatta.blog116.fc2.com/tb.php/43-d80c8b7e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。