1. 無料アクセス解析
ないちょの雑記帳・改
右へ左へそして斜め上、日々思想は駆け巡る。
憲法記念日に思う(2)
憲法記念日がやってきて思うのは、憲法改正論議が全く進んでいないということである。新聞等の世論調査によれば、国民の約半数は会見に賛成している(毎日新聞、日経新聞などの調査)。ただし、第9条改正に限ってみると、新聞社によっては改正反対が過半数となる(朝日新聞調べ)。この状況は数年間からほとんど変わっておらず、おりからの不況もあって、政治の中心的話題とはならなくなった。また民主党もこの問題に対し及び腰であり、現状ではこの問題にできるだけ触れないにしているようにも見える。

憲法は国家の基本をなす重要な枠組みであり、しっかりと議論し国民的合意を形成していくことが必要なのではないのだろうか?そういった議論なく問題を先送りしたり、曖昧なまま結論をだすことはこれからの日本にとって大きな禍根を残すように思う。そういう視点で憲法を見直し、議論している政治家、政党が一体いくつあるのだろう。

今日はそのような問題を国民全体で考える日であってほしいと思う。

関連記事など

憲法記念日に思う(ないちょの雑記帳・改)
まもなく憲法記念日がやってくる・・・。(ないちょの雑記帳)
★平和と健康★の管理人nobさんとの対話 (ないちょの雑記帳)

blogram投票ボタンブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://daibadatta.blog116.fc2.com/tb.php/67-94319584
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック